はまようちえん二十四節季
はまようちえん



のんちゃん雲の上に。

長かった園舎建替えプロジェクトも終わり、
4月29日に「新園舎園庭竣工披露感謝の会」を開催しました。
建築関係者の皆様、協力スタッフ様、企業、幼保関係者様、
ご近所様など、総勢80名を超えるお客様にお越しいただき、
新園舎園庭とスタッフに対し、多くのありがたいお褒めの
言葉をいただきました。

そんな浮かれた気分も冷めやらない5月1日。
楽しみな「大きい組の春の遠足」の日でもありました。
いつものように早朝園庭を見回った園長が、
うさぎののんちゃんが小屋のなかで倒れている姿を発見しました。
いつもは閉めて帰る、小屋の扉が全開でした。
前日は、イタチらしき小動物が園庭を横切るのを見た者もいました。

子どもたちに愛され、「うさぎ隊」の子どもたちが
世話をしてきたのんちゃんは、突然天に召されてしまいました。

これは何かの暗示かもしれない。
のんちゃんは、命と引き換えに、
私たちに「何か」気づかせなくてはならないことや、
伝えたいことがあったのかもしれない。
それは、私たちの「浮かれ気分」に
対する警句なのかもしれないと、私たちは感知しました。
そのことが正しいことなのかどうかわかりませんが。

遠足に出かける前のわずかな時間で、
大きい組さんを集めて、のんちゃんを思う時間を設けました。
私たちは、閉め忘れた扉のことを謝りました。
そして、花に水をやったり、掃除をしたり、
「なんでもないこと」を「まいにちこつこつとする」
ことのたいせつさについて考え、
最後にのんちゃんのことを想い、みんなで祈りました。


のんちゃんとさくらちゃんは、子どものときから
飼い続けた初めてのウサギでした。
(それ以前は「教材」としてのレンタルでした)
最期を看取ることを望んで飼ったうさぎが、
このタイミングで亡くなることの意味を
私たちは重く受け止め、新たな一歩を踏み出すことの
意味をいま一度心に留めました。

のんちゃん、ありがとう。
私たちは、あなたからのメッセージをこんな風に受け止めました。
これからも、謙虚さと素直さを忘れずに、子どもたちと
まいにちを丁寧にすごしていくことを
深く考えていきたいと思います。

*今月から新しいはまようにあわせて、
 ホームページを順次リニューアルしていきます。
 お楽しみに。



はまようちえん
はまようちえん
曜日 週数 行事 降園時刻
1 4 みどり公園遠足 (ようちえん年長) 14:00
2 - OPENDAY
3 - 新入園児歓迎BBQ
8 5 親子遠足(王子動物園) 12:00
13 6 絵本貸出はじまり(ようちえん) 13:00
14 6 年少体育あそびはじまり (ようちえん) 14:00
19 7 子育てあのね 14:00
20 7 誕生会(ようちえん) 13:00
22 7 親子学級#1 14:00
26 7 眼科検診(ナーサリー) 14:00
27 8 うえださんとあそぼう会(ようちえん) 13:00
28 8 体育あそび参観(ようちえん) 14:00

はまようちえん
はまようちえん



はまようちえん
はまようちえん


はまようちえん

はまようちえん

はまようちえん