はまようちえん二十四節季



新はまよう丸、出航。


年が明け、記録的に温かい冬休みを越えて、
全園児がようちえんに帰ってきました。
今日(1月12日)から3学期がスタートです。

朝の集まりでは、久しぶりにはまようの全かぞくが勢揃い。
冬休みにしたことを報告しあったり、
大きい組有志作・演技の人形劇を見たり、
半袖半ズボンの子どもたちを讃えたり、
先生たちのけん玉や羽子板のデモを見たり、
凧揚げのうたをうたったり、
新入の友だちを紹介したりして、
やっぱりようちんっておもしろい!と
子どもたちの表情から、一気に冬休みが
遠い過去のものになったような気がしました。


園庭であそぶナーサリーかぞくの子どもたちも
日に日にたくましさを増し、
それぞれの興味に 応じてあちらこちらで
自由に遊ぶ姿が見られます。
一人で座ることさえままならなかった
0歳「ごま」の子どもたちも、
いまでは二本の脚でよたよたと歩き、
彼らから見れば「そびえ立つ」中庭の築山の
てっぺんにも、文字通り這ってでも登ろうと
する意欲が芽生えてきています。

幼保連携型認定こども園として昨春
生まれ変わったはまようちえん。
0、1、2歳がようちえんの園庭であそび、
3〜5歳児の異年齢で生活することは
誰もが未体験でした。
いっぽう親子ひろばきのっこを
路面に面した棟の専用室で運営し、
本格的な絵本カフェを設置することは、
構想十数年の夢の実現でした。

現体制に移行してから想い描き、コツコツと作ってきた、
はまようちえんという家族船。
内海での試航行を終えて、
先の見えない未来という大海に出ても無事に航海できるよう、
すべての機能や装備を完装できたのが2015年と言えます。
2016年からはいよいよ大海原に向けて出航です。

これまでそうであったようにこれからも、
素敵なことも起これば望まないことも起こるでしょう。
順風満帆なときも嵐のときでも、
そのとき何が一番たいせつかを見極めて針路を見失わず、
目の前の子どもと親を
小さくても確かな幸せと遠くても信じられる希望が見える
それぞれの港まで、みんなで運びたいと考えています。

今年も一年、皆さまにとってよい一年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。




はまようちえん
はまようちえん
曜日 週数 行事 降園時刻
12 40 3学期始業式 14:00
13 40 おたんじょうかい 13:00
15 40 浜小合同避難訓練 14:00
15 40 親子学級 14:00
16 40 OPENDAY -
20 41 新入園児説明会
(1号認定昼うさぎtimeはありません)
13:00
22 41 年長雪遊び遠足 14:00

はまようちえん
曜日 週数 行事
15 40 浜小合同避難訓練
16 40 OPENDAY
20 41 新入園児説明会


はまようちえん
はまようちえん



はまようちえん
はまようちえん


はまようちえん

はまようちえん

はまようちえん